セラミドは乾燥肌に効果があるのか?

最近セラミド入りの化粧品が、かなり増えたように思います。肌にセラミドを補給することで、保湿効果があるといわれています。果たしてセラミドは本当に、乾燥肌に効果があるのでしょうか?

まずセラミド入の化粧品の口コミをチェックすると、その効果はまちまちのように思います。確かに乾燥肌が潤ってきたと言う人もいますが、あまり効果を感じていない人も、けっこういるんですよね。

しかしこの口コミだけで、セラミドの効果を結論づけてしまってはいけません。セラミドの効果については、皮膚科の医師の方でも、効果を認めている方がいるからです。

セラミドは皮膚の細胞同士の隙間を埋めて、潤いを閉じ込める役割があるそうです。アトピー体質の方なんかは、生まれつき肌のセラミドが少ないこともあるそうです。

しかしセラミド化粧品の効果がまちまちなのは、いろいろな種類の化粧品があるからです。まず一口にセラミドと言っても、天然セラミド、合成セラミド、人型セラミド、植物セラミドなどの種類があります。それぞれのセラミドによって、効果も変わってきます。

さらにセラミドの含有量も、かなり差があるようです。粗悪な化粧品になると、ほんの微量しかセラミドが含まれていないものあるようです。これでは、セラミドの効果を実感できなくても、当たり前ではないでしょうか。

一番セラミドの効果を実感しやすいのは、セラミドの美容サプリメントです。ディフェンセラという、体の内側からセラミドを補給できるサプリがあります。ディフェンセラだと中から肌にセラミドが供給できるので、化粧品よりも効果が分かりやすいと思います。

またセラミドも肌に浸透しにくいものがあり、これだと肌にどんなに付けても、効果を感じることができないでしょう。

高いセラミド化粧品になると、セラミドが浸透しやすいように、ナノ化してるものがあります。ナノ化しているセラミドであれば、肌に浸透しやすく、効果を実感しやすいのではないでしょうか。